待遇・給与制度BENEFIT

HYBRID WORK「リモート+出社」のハイブリッド勤務採用ー

当社では社員同士が常に顔を合わせ、アイデアを出し合ったり、さらなる発展に向けた後輩育成の場としてオフィス勤務は極めて重要と考えているため、完全リモート勤務はあえて採用していませんが、近年の多様な働き方に対応し、ライフワークバランスが図れるよう希望者には週2回までリモート勤務が選択可能な制度としています。

出社についてもフレックス勤務制(コアタイム:11時~16時)を採用し、
ゆとりある出退勤に配慮しています。

出社
(フレックスタイム制)

週2回まで
リモート勤務
選択可

RAISE部長職で年収1,000万円が目安!
能力主義、安定主義のバランスを取った昇給制度

国税庁の2022年統計調査によると日本の労働者における年収1,000万円の比率は全職種で 4.9% とされていますが、当社では部長職で年収1,000万円超え(出来高を含む)を目安としています。 また、会社全体でも 毎年5%以上(過去5年間)の賃上げ実績を維持 しており、社員の皆さんの協力があってのことですが 毎年同業他社の給与水準との突合せを行い、全社平均で上回る水準 を維持することを方針としています。

携帯電話で話している人の画像

がむしゃらに頑張って
とにかく高収入を目指す人

ドリンク飲んでいる人の画像

仕事はほどほどにセーブして
プライベートを重視する人

色々な働き方の人が
それぞれバランス良く満足してもらえる
給与制度を目指しています。

RETIREMENT MONEYー老後2,000万円問題に対応した退職金制度(確定拠出年金)ー

最近 iDeco、NISAなどが話題ですが、確定拠出年金(企業版DC)の導入企業率は2022年時点で23%(インターネット調べ」)だそうです。 そんな中、当社では2010年からいち早く退職金制度として確定拠出年金(企業版DC)を導入&運用しています。

人生100年時代、老後公的年金とは別に2,000万円が必要! というニュースが一時話題となっていましたが、賃上げムードの中で目先の給与額アップがアピールされている反面、企業の退職金相場が下がり続けているのはご存知でしょうか? 大企業でも多くは2,000万円を下回っているようです。

当社では社員名義の確定拠出年金口座に毎月勤続年数に応じた金額の積み立て(拠出)を行い、新卒入社者が65歳まで勤め上げてもらったケースで「2,000万円(会社掛金のみ、3.5%での運用利回りを想定)」が受け取れるように制度設計をしてあります。

※自己負担額を上積みすれば、節税や社会保険料削減効果を得ながらさらに豊かな老後へ備えることも可能です。

老後間近に気が付いても、もう手遅れで手の打ちようががありません!
当社では目先の給与額だけでなく、安心して長く働ける環境を整えることも大事だと考えています。

確定拠出年金(企業版DC)の説明画像

recruit

募集要項・応募フォーム

未経験者も歓迎!
お気軽にご応募ください。

新卒採用

中途採用

マイナビからエントリーENTRY 2025

top